新刊情報

更新情報

歌がにがてな人魚

作: ルイス・スロボドキン訳: 小宮 由人魚と言ったら髪が金色で、甘くすんだ声で歌をうたうと思うでしょう? 勿論そうなのですが、中に一人だけ髪が赤くて、歌が苦手な人魚がいました。あまりにひどい歌声なの...

To Detail Page

あおいジャッカル

作: マーシャ・ブラウン訳: こみや ゆう昔、”あらぼえ”と呼ばれるジャッカルがいた。ある夜、腹をすかせたジャッカルは町へ食べるものを探しに出かけたが、野良犬たちに追い回されて、染物屋に逃げ込み”藍の...

To Detail Page

しばふって、いいな!

文: レオーネ・アデルソン絵: ロジャー・デュボアザン訳: こみや ゆう子どもも大人も、楽しいことするなら芝生の上が一番と知っています。ところが昆虫や動物や鳥の身になって見回してみると、違う景色が見え...

To Detail Page

ある子どもの詩の庭で 改訂版

詩: ロバート・ルイス・スティーヴンソン絵: イーヴ・ガーネット訳: まさき るりこ冒険小説『宝島』の著者スティーヴンソンの古典名作詩集。子ども時代の憧れや夢を詩情豊かに表現したスティーヴンソンの詩と...

To Detail Page

アーサー王のひひひひひまご

作: ケネス・クレーグル訳: 津森 優子伝説の英雄アーサー王のひひひひひ孫のヘンリーは、誕生日の朝、冒険に出かけました。火を噴く竜のドラゴン、一つ目大男キュクロプス、鳥の怪物グリフィン、この世で最も恐...

To Detail Page

ヤナギ通りのおばけやしき

作: ルイス・スロボドキン訳: 小宮 由一年のうちのある一晩だけ、ヤナギ通りに住んでいる子どもたちが、おとなたちに許されていることがありました。それは、変な服を着たり、怖いお面をかぶったり、顔に色を塗...

To Detail Page

かさとながぐつ

作: 二宮 由紀子絵: 市居 みかきょう、おうちの げんかんに はじめて ながぐつが やってくるんですって。「『ながぐつ』って、どんな かおかな? ぼく、ともだちに なれるかな?」かさが わくわくして...

To Detail Page

しあわせになあれ

詩: 弓削田 健介絵: 松成 真理子「名前」は両親からの最初の贈り物。「しあわせになあれ」という真摯な祈りがこめられています。そんな大切な「名前」をテーマにした合唱曲「しあわせになあれ」の詩に絵本作家...

To Detail Page

おほしさまのちいさなおうち

文: 渡辺 鉄太絵: 加藤チャコ「お星さまは、夜空にいるだけじゃないのよ。とびらも窓もない、小さな赤いお家に住んでいるのよ」そうお母さんに教えてもらった男の子が、おほしさまのちいさなおうちを探しに冒険...

To Detail Page

新装版あひるのピンのぼうけん

作: マージョリー・フラック絵: クルト・ヴィーゼ訳: まさき るりこ1933年アメリカで出版された名作絵本の新装版。揚子江に住むあひるの子ピンが、家船から離れ、様々な経験をして無事に戻るまでを描く。...

To Detail Page